毎日をもっと快適に暮らしたい!!

Fine day 心も晴れるお片づけ&防災

整理収納アドバイザー

防災備蓄収納マスタープランナー

渡辺裕子です。



いよいよ今年も残すところわずかとなりました!


先日、京都市市民防災センターへ

防災備蓄収納マスタープランナーの仲間&
娘と一緒に学んできました!!



JR京都駅からタクシーで5分ほどの場所にあります


パンフレット





「体験を通じて、しっかり防災学習」

パンフレットに書かれている通り、
様々な体験ができました


こちらでは体験プログラム
・強風体験コーナー(風速32メートルの強風を体験)
・地震体験コーナー(震度5~7度の揺れを体験)
・避難体験コーナー(煙の中の避難行動を体験)
・消火体験コーナー(模擬火災を映写し、消火方法を学ぶ)
映像体験コーナー、4Dシアターによる地下空間への浸水の恐怖




私たちは

避難→消火→地震→強風の順に
しっかりと体験させてもらいました


避難体験は煙の中を
非常口の灯りを頼りに出口を探します。

6歳の娘は少し怖がってましたが、
なんとか体験できました
煙の中を避難するなんて、普段なかなかできません。
姿勢を低くして、なんとか脱出できましたが、
もし火事の現場に遭遇したら
どの方向に避難すればよいのか、
ちゃんと判断できるのでしょうか。


京都防災センター①


消火は消火器の説明(自分の知識不足を反省)を受け、
実際に消火器を使って火(画面上)を消します
消火器、初めて使いましたが、
手順さえしっかり覚えたらちゃんと使えると思いました




地震体験は最大震度7まで体験できます。
小学生以下の子どもは最大震度5なので、
私は娘と震度5を体験


京都防災センター②


こちらの部屋に入り、
地震速報が鳴ったらテーブルに避難します。
震度5の揺れは大きく感じました。
実際の地震は予測もなく突然やってきます。


そして強風体験です。
保護用のゴーグルを着用します
こちらでは最大32m/sまで体感できますが、
今回も子連れは最大20m/sです。
20m/sはちょっと風が強いというくらいで、
娘も立っていることができました。

最大32m/sを体験したマスタープランナーは、
・立っていることも厳しい
・耳のピアスが飛ばされると感じた
といった感想でした


最後に4Dシアターにて
迫りくる地下街の恐怖(水浸)を体験。
こちらでは映像を見た後、
水深10m~20、30、40mの水圧を体験できます。
水深10mの水圧のかかった扉は開けることができましたが、
水深40mの水圧は大人3人+娘で押しましたが、
全く開けることができませんでした!

その他、119通報体験や、
子ども向けにゲームを通して消火体験など、
大変充実した内容を学ぶことができます。


こちらは入館料無料となってます
是非体験してみてください